My Best Teaching Is One-on-One

一対一が僕のベスト

Of course, I team teach and do special lessons, etc.

当然、先生方と共同レッスンも、特別レッスンの指導もします。

But my best work in the classroom is after the lesson is over --
going one-on-one,
helping individual students with their assignments.

しかし、僕の一番意味あると思っている仕事は、講義が終わってから、
一対一と
個人的にその課題の勉強を応援することです。

It's kind of like with computer programs, walking the client through hands-on.
The job isn't really done until the customer is using the program.

まあ、コンピュータプログラムにすると、得意先の方に出来上がった製品を体験させるようなことと思います。
役に立たない製品はまだ製品になっていないと同様です。

Monday, May 2, 2016

Why I Dropped Out of the Conputer Industry -- 僕がコンピュータ業界を脱出したわけ

It just hurt too much, watching Apple and Google follow Microsoft down the path of catering to lazy people who want the magic box to make all their important decisions for them.
悲しすぎ。アップル社もグーグル社も毎苦労ソフトがたどってきた道を繰り返すのを観てじっとするのが辛い。つまり、魔法の箱に全部の決定を任せたい怠け者客様方に応じてその好意を追い詰めることです。

If the system is fundamentally wrong, pile more data into it.
システムの体制・方式が基本的に間違っているとすると、情報をもっと、もっと大量にほり込む。

If it implies a serious breach of security, cover it up with more Bellicose Sales talk.
絶対的に保安の大損失を伴うにしては、無駄自信たっぷりの営業話をもって覆い隠す。

If it lets Intel Corp. sell more useless semiconductor for even less efficient systems, who cares if it opens a hole big enough for the NSA and the drug cartels and anyone else with a decent budget for the hardware to drive a truck through? (Examples: Vpro, including Intel Active Management Technology, VT-x, Trusted Execution Technology, hyperthreading, etc.)
インテル社がそれをもって、もっと効率を悪化したシステムのために無意味に無用の半導体をもっと売れるものにできるなら、例え、NSA (米国家安全保障局) でも、ドラグカルエル(麻薬独占協会)共でも、機具を購入できるほど十分な予算出せるだれでもがトラックをその穴を通せるほどのセキュリティの穴が開けたとしても、知るもんか? (例:Intel Active Management Technology, VT-x, Trusted Execution Technology, hyperthreading, などを含む Vpro)

(Has Intel gotten so big that the US thinks they can't let them fail, either?)
(インテルも、米国の皆は失敗させたらアカンと思っているほど大きくなっているかな?)

It seems like even the open source groups have mostly lost touch. (systemd?)
systemdを思えば、オープンソース団体さえも道から外れている。

[JMR201605030810: 
(正確に訳せるかな?)
Well, here is an example of (1) what induces my negative view of the industry and (2) the reason my kids are right and I shouldn't give up just yet.
さて。まずは、消極的な考え方の原因になるものですが、家の子供どもが間違っていません。「父ちゃん!諦めちゃ早い!まだまだガンバるのよ!」 




Doing a web search on "opensource laptop" or openhardware or notebook or netbook, etc. gave me some interesting things. One is this thread:
"{opensource|openhardware} {laptop|notebook|netbook}" などをウェブ上検査すると、現在は面白いものが出てくるのです。その内の一つは以下のリンクです。



http://lists.phcomp.co.uk/pipermail/arm-netbook/2014-June/009945.html

This is both depressing (search the web for qimod?) and hopeful. 
これは気を落とす( "qimod" をウェブ検索?)情報であり、希望をまた起こす情報です。

Depressing: Somebody was "embarrassed" by their relationship with opensource. (How many microserfs had to be bribed to corral that poor person into a specific bar at a specific time with the specific set of microzombies parroting the specific party line? How many times will that have to happen before Bill Gates and his ilk have spent all their ill-gotten gains on sandbagging and go away?)
訳せない。ガンバる。
気を落とすのはオープンソースとの関係で「恥」に合わされた誰かが居った。(お金が動いたでしょう。その誰かが、特定の居酒屋に、特定のオウムの真似して特定の政治家の決まり理念を唱える毎苦労ゾンビーたちと飲み会に入れられて、ヒドイ事言われたでしょう。なん人かの毎苦労奴隷たちが雇われたでしょう?それに、この場面をどれほど繰り返すとビル・ゲーツ氏類が砂袋活動にその悪巧みで得た全財産を費やしてしまって、他所へ行ってくれるでしょう?)

Hopeful because it demonstrates that there are still people fighting the good fight. But I do have to pray that they and their families survive.
気を起こすのは、まだ善のために頑張って戦っている人は皆消えていないのを証しするものです。まあ、皆様と同行している家族も生き長らえるのをお祈りすることはまだ意味があります。

Another thing I found (again) is the novena:
また見つけたもう一つのいいモノは novena です。

https://www.crowdsupply.com/sutajio-kosagi/novena
http://www.bunniestudios.com/blog/?p=2686

which, even though it is not for "home users", is really close to what I need. (That is, it's close to what I will need once I get my work situation sorted out and can be sure I can put food on the table for my family again.)
一般のホームユーザたち向きではないが、この俺の必要にピッタリに近い。(といえば、現在の危うい仕事状況の時期を超えて、家族の食卓に食べ物を出せる手段をまた確保できてから、必要に近いものとなるでしょう。)

And there are some more out there. (Waiting to see how olimex and olinuxino and their friends do, for instance.)
また他にもあります。(例えば、olimexとolinuxinoとその連中がなにを見出すかを楽しみにしています。)
]

There are a few groups, churches and family history organizations, mostly, using computers for useful things. Most of what we use them for is exactly opposite of what we should be doing with them.
正確にコンピュタを利用している何ヶ所の仲間が居る。大概は教会や家族歴史団体です。それ以外のコンピュータ使用は、やっているはずの使い方の正反対です。

I really hate to see people trying to do bad things to themselves and each other with computers.
人がコンピュータを使って、自分をも人をも悪く使う試みばかりを視るのがホンマに辛い。

If my family would let me, I'd go Luddite and get rid of all the computers in the house.
家族に許されるなら、ラッダイト主義者になって、家のコンピュータを皆処分するであろう。

:-/

No comments: