My Best Teaching Is One-on-One

一対一が僕のベスト

Of course, I team teach and do special lessons, etc.

当然、先生方と共同レッスンも、特別レッスンの指導もします。

But my best work in the classroom is after the lesson is over --
going one-on-one,
helping individual students with their assignments.

しかし、僕の一番意味あると思っている仕事は、講義が終わってから、
一対一と
個人的にその課題の勉強を応援することです。

It's kind of like with computer programs, walking the client through hands-on.
The job isn't really done until the customer is using the program.

まあ、コンピュータプログラムにすると、得意先の方に出来上がった製品を体験させるようなことと思います。
役に立たない製品はまだ製品になっていないと同様です。

Wednesday, May 4, 2016

Pet Peeves -- よく苛立つもの : One Hundred And Twenty-five -- 百そして二十五

The NHK Radio Language programs are pretty good quality programs.
NHK の外国語ラジオ番組は質のまあまあ良い方の番組です。

But they do make mistakes.
たまには間違えることもあります。

This year, they got a fast start on some common mistakes. One of them is a pet peeve of mine.
今年はもうこんなに早い内に、よくある間違いを番組に取り入れています。その一つは僕のよく不満を言うところです。

"And" in numbers is for between the integer part and the fraction:
数字の中にて「アンド」の位置は、整数と分数の間です。

179.34 is one hundred seventy-nine and thirty-four one hundredths.
「179.34」と言えば、百七十九と百分の三十四ですね。

It is not one hundred and seventy-nine and thirty-four one hundredths.
そして七十九百分の三十四ではないでしょう。

125 is one hundred twenty-five, not one hundred and twenty-five.
「125」にすると、百と二十五ではなく、百二十五になると思います。

Sure, in conversation it goes either way, according to the habits of the speaker. And if you go back a couple of hundred years, people wrote strange things like "five-and-twenty". (Oh. That's still a phrase in idiomatic use.)
きっと、会話にはどちもをよく言うのです。話す人のくせによるものです。まあ、およそ二百年前に遡ると「五と二十」のように、 "five-and-twenty" のような書き方もありました。(あっ、それは現在でも熟語となっています。)

Now, peeves are not really something one should pet.
正に、苛立ちは実は、なでているように、よく気にかけているはずなものではありません。

And I have no problem with individual use, even in public. I even encourage it, tell people it's good to develop personal dialects.
それに、公にしても、個人表現は全く問題ないと思っています。自己表現を応援しています。個人方言を作るのを勧めるまではしております。

And I encourage teachers to teach what they know, and not get hung up on rules.
更に、ルールにはまらず、自分の知っているものを教えなさいと、先生方によく奨励するのです。

But it is better to teach the standard if you know it, especially on a national radio education program.
但し、標準がお解りになる場合、特に国中に放送されるラジオ教育番組の中に、標準を教えたほうが正しいと思います。

It's okay to mention common non-standard usage, too. But the beginners' program, Kiso Eigo One, this morning (a repeat of last Wednesday) did not even mention the standard usage.
標準外の表現も、取り上げてもいいでしょう。ただね、基礎英語1の番組の(これは先週の水曜日の繰り返しでしたが)今朝のレッスンに標準の表現の "seven hundred seventy-seven" をサッと言うこともなく、

Seven hundred and seventy-seven. 
の「七百そして七十七」という風に教えてくれたのです。

That's what they said, not the standard "seven hundred seventy-seven".

No comments: