My Best Teaching Is One-on-One

一対一が僕のベスト

Of course, I team teach and do special lessons, etc.

当然、先生方と共同レッスンも、特別レッスンの指導もします。

But my best work in the classroom is after the lesson is over --
going one-on-one,
helping individual students with their assignments.

しかし、僕の一番意味あると思っている仕事は、講義が終わってから、
一対一と
個人的にその課題の勉強を応援することです。

It's kind of like with computer programs, walking the client through hands-on.
The job isn't really done until the customer is using the program.

まあ、コンピュータプログラムにすると、得意先の方に出来上がった製品を体験させるようなことと思います。
役に立たない製品はまだ製品になっていないと同様です。

Sunday, December 4, 2011

Mis-Understanding Computers

Computers are too often viewed as machines. That's not the correct way to see things.

コンピュータというものは機械としてみられるガチです。

Computer memory is just fancy paper.

コンピュータの記憶というものはただ改良した紙です。

CPUs are just fancy pens, with fancy erasers.

CPU 何て特長ある筆に特殊の消しゴムがついたものにすぎない。

The network is just a fancy backyard fence.

ネットワークだって、裏庭の塀が少し拡大されたものぐらいです。

It's really easy to see, in the computer, ways to fulfill your fantasies, especially control fantasies. But that's all just illusion.

コンピュータに自分の気まぐれな幻想を見出す魔法を視るガチでしょう。特に支配の空想を。

しかし、その魔法は幻覚です。蜃気楼です。

キマグレ。

The magic is in language, itself.

魔法があれば、言語というものにあります。語、そのものに。

And there is no way to control that magic, no way to bend it to your own personal desires, no way to use it to enforce your own personal view of the world.

その言語にある魔法を制することはありません。自分の欲張りに枉げる方法はありません。自分の個人的な見解を世界に押し付ける方法としてその魔法を使うのは、本当にありませんよ。

Lots of ways to bend and break yourself, trying.

しようと、自分を枉げる方法、めげる方法は少なくない。

And, unfortunately, lots of ways to inflect collateral damage while you're at it.

悲しいこと、コンピュータを利用して制しようとする序でに、関係ない人に傷つける方法はタップリあります。その試みには色んな間接被害を与える方法は豊富にあります。

Why do people insist on seeing the computer as a magic box for controlling other people? Why do they want so much to control others when they won't control themselves?

人は何でコンピュータを、人を制する魔法の箱として考えたいのですか?どうしてそれほど、自分を制しないのに、他人をあんなに制したいのですか?

No comments: