My Best Teaching Is One-on-One

一対一が僕のベスト

Of course, I team teach and do special lessons, etc.

当然、先生方と共同レッスンも、特別レッスンの指導もします。

But my best work in the classroom is after the lesson is over --
going one-on-one,
helping individual students with their assignments.

しかし、僕の一番意味あると思っている仕事は、講義が終わってから、
一対一と
個人的にその課題の勉強を応援することです。

It's kind of like with computer programs, walking the client through hands-on.
The job isn't really done until the customer is using the program.

まあ、コンピュータプログラムにすると、得意先の方に出来上がった製品を体験させるようなことと思います。
役に立たない製品はまだ製品になっていないと同様です。

Friday, June 17, 2016

Fluid Mechanics and Passenger Trains

Riding the commuter express because it's the next train, not because I'm in a hurry. It's really crowded, and not fun to ride.
急いでいるわけではなく、次が通勤急行だったので乗ることにしました。結構込むし、楽には乗れません。

The next regular/local is a five minute longer wait, so the express gets to my station eight minutes earlier.
次の各駅はこの急行の5分後の出発するので、急行の方は降りる駅までに8分早く到着します。

If it were a regular, instead of an express, it would still get me there five minutes earlier.
例えば、急行ではなく、各駅だったとすると、8分ではなく、5分早く着くでしょう。

Three whole minutes. I'm not in that much of a rush. But it's an express, so I guess I'm lucky to ride it.
三分だけです。それほど急いでいるわけではありません。急行でしょう?乗って得するのではありませんか。

But, really?
マジ?ホンマ?

When regular trains get too crowded at rush hour, what is the train company's automatic response?
ラッシュ時の各駅電車の乗客人数が度を越すと判定されたら、電鉄会社の自動対処はどういうものでしょう?
 
Add another regular train?
各駅をもう一つ増やすのですか?

No, nothing that simple.
そんな簡単なことはしません。

Add an express. That will carry more passengers, faster, right?
急行を増やすでしょう。それはもっとたくさんの乗客をより早く運んでい行くでしょうね。

But if the express has the same number of cars of the same type as the regular, does it really carry more?
ただ、車両の数も種類も一緒なら、急行は各駅よりも多くの人数を載せることができますか?

No?
どうでしょう?

It must be faster, though, and faster must mean more, right?
急行は早いに、早いは多いでしょう。ね。

Only if the express has its own track. This one doesn't. They usually don't.
まあ、急行の電車は専用の線路があれば、可能かも知りません。今乗っている線は急行専用線がありません。大体の線路はそう、急行専用線がないわけです。

Because the commuter express has to have a clear slot, they can't add another local. And they can't add any more expresses.
通勤急行のために線路の予約時間ををクリアしないと行けないので各駅はこれ以上増やせないのです。急行もこれ以上増やせません。

So the existence of the express induces a limit on the number of trains and on the number of passengers.
急行の存在によって、便数の制限も乗客の人数の制限もできてしまいます。

Without this express, they could add two locals, or maybe even three. Even two would be half again the number of passengers, and would arrive just a minute later than the express I'm riding. Three would be double the number of pasengers, and get me there at the same time as the express.
この通勤急行がなければ、各駅を2つも、3つも増やせます。二つだけ増やしても、今の人数をさらに半分まで増やせるのです。今乗っている通勤急行よりも一分だけ送れるでしょう。3つの各駅を増やせば、乗客の人数が倍になって、僕が今乗っている通勤急行到着時間と同じものになるではありませんか?

In the other direction, in the morning, it's worse. The local waits for the express, three stops in. Sometimes it waits for two expresses. The express itself does get there a little faster, overall, maybe in thirteen minutes. But the local slows down from sixteen  or seventeen minutes to as much as twenty-five minutes.
朝の反対方向を考えると更にまずいのです。朝乗る駅から3つ目の駅で急行待ちとなります。場合によっては2つも待たされるのです。全体的、急行だけは確かに少し早く着きます。旅行時間は13分か14分が普通です。各駅はその分16分か17分ほどの旅行時間から、場合によっては25分までの旅行時間に伸びてしまいます。

The existence of the express actually slows the average time down and reduces the total maximum number of passengers.
急行の存在だけで、事実上平均旅行時間が遅くなり、事実上乗客人数が減少されるのです。

Morning express trains are literally packed like sardines. No room to read your mail, ebook, or scriptures, unless you like squeezing your phone, tablet, or book between your body and the other passengers' bodies. And touching them where they don't want to be touched on the way up.
朝の急行便はイワシのように詰めていくのです。eメールでも、eブックでも、聖典でも読むほどの場所の余裕ができません。まあ、携帯、タブレット型器あるいは本を自分の体と他の乗客の体の間に挟んで読むのが好みでなければ、読めません。そして、挟んで読もうとするものを持ち上げる際、他人の触ってほしくないところを触れてしまうのですね。

All so you can feel lucky for getting squeezed in there.急行便に突っ込まれて、得した気分ができるためですね。

No comments: