My Best Teaching Is One-on-One

一対一が僕のベスト

Of course, I team teach and do special lessons, etc.

当然、先生方と共同レッスンも、特別レッスンの指導もします。

But my best work in the classroom is after the lesson is over --
going one-on-one,
helping individual students with their assignments.

しかし、僕の一番意味あると思っている仕事は、講義が終わってから、
一対一と
個人的にその課題の勉強を応援することです。

It's kind of like with computer programs, walking the client through hands-on.
The job isn't really done until the customer is using the program.

まあ、コンピュータプログラムにすると、得意先の方に出来上がった製品を体験させるようなことと思います。
役に立たない製品はまだ製品になっていないと同様です。

Saturday, December 31, 2011

Programmer's High

My son built his own BBS in perl. Got it working somewhat yesterday. Not on my server, on one of those ad-supported "free" servers.

家の息子は自分でウェブ上の掲示板を作っていて、昨日動かせた。ぼくのサーバーにやらせたわけではなく、広告の利益で営業していて、どこかのタダでやらせてくれるサーバーです。

He was high.

とんだ気分だったようです。少し酔っ払ったように思われるほど。

I realized something. Programming is kind of like a drug. When things don't work, you can get really low. When things do work, there's a rush of something (adrenalin? endorphins?), a natural high.

気がついたことがあります。プログラム製作は少し薬物のような影響があるかもしれません。巧く行けないときは落ち込む。ちゃんと動いてくれる時は、アドレナリンか、エンドルフィンか、何らかの自然な好い気分。

You could say this is like just about anything you do -- failures get you down, successes make you feel good. (Actually, I know people who get up for failures, but that's not really the same thing.)

まあ、どんな仕事もこうなると言えるでしょう。失敗しては落ち込んだり、成功するとハイになったりする。(知り合いの中に、失敗の性で我慢を起こす人もいるけど、それはちょっと違う話と思います。)

But getting a program to work requires no outside approval. The computer's functioning the way you intended is sufficient praise.

しかし、プログラムをやっと動かせるときは人の評価が要りません。コンピュータがちゃんと動くのが充分な賞賛になってしまう。

This effect also feeds your ego. This is probably why programmers are known for their hubris.

その影響うぬぼれることもある。これがため、プログラマーたちが自信たっぷりに知られるかもわからない。

This natural high may also feed into the unreasoning belief that, if you can just get this one working, you'll be able to get the computer to do anything you want.

この自然酔いが、今作っているプログラムを、ちゃんと動いてもらうことさえできたら、コンピュータに何でもやってもらえると思わせる気分を追い込む原因となるかもしれません。

Okay, this is not really all that big a deal, perhaps, not all that different from other things you can be successful at.

さて。本当にすごいものをさとった訳でもないでしょう。他の成功とそれほど変わらないでしょう。

Or is it?

かな?

No comments: